住まいの形によってトイレリフォームにも違いが出てきます。特に、集合住宅であるマンションでのトイレリフォームには注意が必要です。集合住宅ということでマンション内での人間関係にも影響してくる部分がありますので、十分に注意しておきましょう。ここでは、マンションでのトイレリフォームにおける注意点についてご紹介していきたいと思います。

排水について理解しておく

トイレの便器には、排水方式というものがあります。通常、床排水と呼ばれるものと壁排水と呼ばれるものの2種類となっています。今はほとんどのマンションで床排水が採用されているかと思いますが、まれに壁排水を採用しているところもあります。

床排水の場合、名前の通り、排水管が床に埋まっていますので排水管が見えなくなっています。戸建て住宅でよく見られるパターンなのですが、新しいマンションであればこの床排水が採用されている可能性が高いです。

この床排水の場合、便器の後ろの壁と排水管までの距離によって設置できる機種が変わってくるのも特徴です。どのような機種でもOKというわけではないので、場合によっては希望の機種が設置できないということも出てくるかもしれません。
壁排水は、便器と壁が排水管でつながっているタイプになります。床排水の場合には排水管が見えないのですが、壁排水の場合にはしっかりと排水管の存在を確認することができます。

便器の後ろの壁から排水管までの距離が決まっているものが多いので、同じタイプの中から選ぶようにしなければいけません。
どちらが良い悪いというわけではありません。今のトイレが床排水なら床排水のものを、今のトイレが壁排水なら壁排水のものを選ぶというだけの話です。

マンションでのトイレリフォームの際には、この排水方式を理解した上で、同じ排水方式のトイレにリフォームするようにしましょう。

マンションでも可能なタンクレスを選ぶ

タンク式のトイレからタンクレスのトイレにリフォームしたいという方は多いものです。

しかしながら、少し前まではマンションではタンクレスが設置できないというケースも少なくありませんでした。というのも、マンションは集合住宅です。集合住宅というのは、その性質上、給水圧力が低くなってしまうのです。そのため、本当はタンクレスのトイレにしたいのに泣く泣くタンク式のトイレのままに・・・という方も結構いたのです。

ですが、今は違います。というのも、排水の加圧装置などを使って、水圧を補うということが可能になったのです。そのため、その性質上、給水圧力が低くなってしまうマンションであっても、タンクレスのトイレにリフォームすることが可能になりました。

ただ、タンクレスのトイレにもいろいろなものがあります。マンションなどの低い水圧のところでも設置できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

マンションの住人への説明

ひと昔前であれば、小さめのマンションならどこに誰が住んでいるかわかるような状態でしたし、マンションの住人同士の交流も頻繁におこなわれていました。しかしながら、最近では同じマンションでもどこに誰が住んでいるのかわからないのが当たり前になってしまいました。

昔は交流があるからこそ、多少の迷惑をかけてもお互い様となっていたのですが、マンション内での人間関係が希薄になっている今の時代は、お互い様というわけにはいきません。実際に、マンション内でのご近所トラブルというのも多くなっています。

トイレリフォームがこのご近所トラブルのきっかけになるという可能性は十分にあるでしょう。
だからこそ、先手を打って、マンション住人への説明をおこなっておくべきなのです。

トイレリフォームがいざ始まると、「思ったよりもうるさくないかも」と感じるかもしれません。
しかしながら、本人がそう感じたとしても下の階の住人や隣の部屋の住人には音が響いているかもしれません。明るい時間帯にリフォームをすることになるかと思いますが、昼夜逆転の生活をしていてその時間に寝ているという方もいるかもしれません。

神経質だと思われるかもしれませんが、せっかくトイレリフォームをしてもご近所トラブルで住みにくくなってしまったのでは元も子もありません。できることならマンションの住人全員に、少なくとも上下左右の住人には、トイレリフォームをすることと日時くらいは伝えておきたいものです。

まとめ

マンションでのトイレリフォームの際には、トイレの排水方式や水圧といった基本的な部分はもちろん、マンションの住人への配慮も忘れないようにしておきましょう。

集合住宅のマンションだからこそ、自分のトイレリフォームのことだけを考えるのではなく、マンションの住人のことも考えておくようにしたいものです。