トイレというのは、入っている間は自分だけの空間です。自分にとっての特別な場所と考える方も多く、トイレリフォームを心待ちにしている方も多いことでしょう。

しかしながら、よく考えずに勢いだけでトイレリフォームをしてしまうと失敗してしまうこともあります。トイレリフォームというのは決して安い買い物ではありません。失敗してメンタル的にも経済的にもダメージを受けないように、よくある失敗のパターンというものを事前にしっかりと把握しておきましょう。

ここでは、トイレリフォームの失敗でよくあるパターンをご紹介していきたいと思います。

トイレルームに対して大きい便器を設置してしまった

トイレルームに対して大きい便器を設置してしまうというのは、トイレリフォームにおける典型的な失敗です。便器を大きくしたいという気持ちはわかるのですが、やはりもともとのトイレルームの広さというものを考慮しなければいけません。

トイレルームに対して大きい便器を設置してしまうと、せっかくのトイレルームが窮屈になってしまいます。安らげるものも安らげないような空間になってしまうのです。
外出したときに、出先でお手洗いを借りることもあるでしょう。そういったときに、便器が異常に壁と近い、トイレルームが狭すぎてドアの開け閉めすらも難しい、十分な身動きが取れないといった経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

出先でたまたま借りたお手洗いでもこうなるとやはり不愉快です。これがそのまま自宅のトイレルームになってしまうようなものなのです。

自分だけの空間で、トイレタイムがリラックスタイムだという方もいるでしょう。そういうトイレルームだからこそ、便器の大きさを考えて設置しなければいけないのです。

タンクレストイレで水の流れが悪くなってしまった

通常、トイレというとタンクがついているものです。しかしながら、最近ではタンクレストイレというものも人気になっており、トイレリフォームの際にこのタンクレストイレにする方も多くなっています。

タンクレスという名前の通り、タンクがなくなる分、スッキリとさせることができます。ただ、通常のトイレはタンクに水をため込むのですが、タンクレストイレになるとそれができなくなってしまいます。

そのため、水圧が弱くなってしまうのです。水圧が弱くなってしまうと、当然水の流れが悪くなってしまいます。十分に流しきれないため、せっかくのトイレルームににおいが充満してしまうこともあります。何よりも排せつ物が綺麗に流れていかないという部分で気持ち悪さを感じる方も多いでしょう。

事前に水圧検査をしてもらうなどして、こういったトイレリフォームの失敗は避けねばなりません。

照明選びで失敗してしまった

外出した際に出先でお手洗いを借りることもあるかと思いますが、そういったときに照明を控えめにしたオシャレなお手洗いに遭遇することもあるでしょう。

トイレリフォームを考えている方であれば、「うちのお手洗いもこんな感じにしたい」と思うかもしれません。しかしながら、これを実際に自宅でやってしまうと失敗してしまうこともあります。

というのも、出先のお手洗いを真似して照明を暗めにすると、自宅だとただ見にくく暗くなってしまうだけなのです。トイレ掃除することを考えれば、やはり照明というのは明るいほうがいいものです。

照明選びを失敗してしまったばかりに、せっかくのトイレが暗くよどんだ場所になってしまうこともあるのです。たまに借りるお手洗いではなく、自宅のトイレであるということを考えた上で、実用性や利便性で照明を選んでいきましょう。

フローリングでシミが目立つようになってしまった

分譲マンションなどであれば、もともとトイレの床にフローリングが使われているということも少なくありません。

もともとがフローリングなのであれば、そのまま使うというのもひとつの手ではありますが、トイレリフォームでわざわざフローリングに変更する必要はありません。というのも、実際にトイレリフォームでフローリングに変更してしまったがゆえにシミが目立つようになってしまったという失敗も多いのです。
トイレというのは、水に強く、排泄物によるアンモニアやトイレ掃除のときの洗剤にも強いものでなければいけません。フローリングは残念ながら、そういった面では強くありません。

そのため、トイレの床をフローリングに変更してしまったばかりに、今度はシミに悩まされるということもあるのです。トイレはそれでなくとも綺麗にしておきたい場所ですし、綺麗好きな方にとっては床のシミというのは許せないことでしょう。

まとめ

トイレリフォームというのは決して安い買い物ではありません。だからこそ、こういった失敗をしないようにじっくり考えて、慎重に進めていくようにしましょう。