住まいの中にはトイレ以外にもいろいろなところがあります。キッチンもあれば、お風呂場もあります。細かく見ていけば、ひとつの住まいでも本当にいろいろな要素で構成されていることがおわかりになるでしょう。

しかしながら、その中でももっとも使うのがトイレだと言われています。そのトイレをリフォームすることによって、さまざまなメリットを得られます。

ここでは、トイレリフォームのメリットについてご紹介していきましょう。

節水効果

家の中で水を使うところはいろいろあります。お風呂、キッチン、洗面所・・・しかしながら、その中でももっとも水を使うのがトイレです。その住まいで生活している人が多ければ多いほどトイレで使う水も多くなりますし、それによって水道代が増え、家計を圧迫していきます。

また、古いトイレであればあるほど、その節水効果は期待できません。古いトイレを使い続けることによって、余計な水道代がかさんでしまうのです。
しかしながら、トイレリフォームによって新しいものを取り入れれば、それだけで節水効果が期待できます。というのも、最新のトイレであれば、昔のトイレの半分以下の水量でしっかりと流すことができるのです。

水道代の節約にもなりますし、無駄な水を使わないことで水資源を大切にすることができます。

掃除が楽になる

昔ながらのトイレというのは、やはり掃除が大変です。トイレ掃除というのは昔から嫌がられるものですが、衛生面はもちろん、掃除の大変さからも嫌われていたのでしょう。

しかしながら、トイレリフォームで新しいものを取り入れれば、日々のトイレ掃除の煩わしさから解放されることになるでしょう。掃除の頻度そのものも減るかもしれません。
トイレ掃除の中でおそらく多くの方が苦労するのは、便器のフチでしょう。どんなに便利アイテムで工夫しても、どうしても汚れが残ってしまいますし、汚いのがわかっているからこそそこを綺麗にしないとトイレ掃除をした感じにならないものです。

しかしながら、最近ではそもそも便器のフチがないというものも多くなっているのです。つまり、トイレ掃除における最大の苦痛とサヨナラできるわけです。
他にも、タンクレスのトイレであればタンク裏を苦労して掃除する必要もなくなりますし、表面に汚れがつきにくい加工がされているものであれば便器の黄ばみなどからも解放されます。自動洗浄トイレなるものも登場していますので、そもそも人の手で掃除をする必要性がないという場合もあります。

トイレのにおいから解放される

どんなに綺麗なトイレであっても、そこで人が排泄する以上はにおいが発生します。

消臭スプレーや香水などで一時的な対処をしている方もいるかもしれませんが、トイレリフォームで壁紙や床を変えることによってこのにおいからも解放されるでしょう。

トイレならではのにおいというのは、便器から漂ってくるものと思い込んでいる方も少なくありません。確かに便器からにおいが発生していることもあるのですが、意外にトイレの壁紙や床ににおいが染みついているというケースも多いのです。

そういった場合、壁紙や床を変えるだけでそれまでの嫌なにおいとサヨナラすることができます。

もちろん、脱臭機能のついているトイレを取り入れることによって、便器からの嫌なにおいもシャットアウトすることができます。トイレリフォーム後のフレッシュなトイレというのは、本当に感動します。

トイレルームが広くなる

トイレリフォームによってトイレルームが広くなるというのも大きなメリットです。

トイレルームそのものを拡張するのであれば、それこそ広々としたトイレルームに仕上げることができるでしょう。

ただ、中にはトイレルームの拡張ではなく、それまでタンク式だったものをタンクレスに変えるといった形でトイレリフォームをする方もいるかと思います。

この場合、あまり広さには変化がないように思われるかもしれませんが、意外に変化を実感できるものです。というのも、もともとトイレルームというのはそこまで広い空間ではありません。そのトイレルームでタンク式からタンクレスに変えると、空間に少し余裕ができます。10cmや15cmというレベルかもしれませんが、そのちょっとの差がトイレルームに大きな変化をもたらすのです。

もともと狭いトイレルームであればあるほど、こういったちょっとした変化で一気にトイレルームが広く感じられるようになるのです。広く感じられるトイレルームというのは、それだけ気分がいいものです。

まとめ

トイレリフォームにはさまざまなメリットがあります。トイレというのはやはり頻繁に使うところだからこその悩みというものが出てきます。しかしながら、トイレリフォームによってその悩みを一気に解決することも可能なのです。