トイレリフォームは、便器を交換するといった印象がありますが、タンクレストイレを置くことで、トイレの環境が大きく変わります。

タンクがないので、トイレの空間が広がります。

タンクレストイレへのリフォームは、トイレ空間がすっきりするだけでなく、これまで不衛生なイメージだったトイレが掃除しやすくなります。

では、このタンクレストイレにリフォームする場合、費用はいくらかかるのでしょうか。

タンクレストイレとはどんなものなのか?

タンクレストイレは、便器の後ろに洗浄水を貯めておくタンクがない、見た目がすっきりした形のトイレで、近年のトイレのリフォームで増えています。

従来のトイレよりも本体の大きさが小さくなり、狭く感じていたトイレの空間が広くなったかのように感じます。

タンクレストイレは高級品というイメージを持たれている人もいるかと思いますが、実際に導入してみると、スペースが広くなることから、それほど高級なイメージは感じられないと思います。

タンクレストイレでも、洗浄便座機能があるものから、脱臭や除菌イオンの発生、部屋全体の暖房などの機能を持つタンクレストイレもあります。

人を検知すると自動でふたが開く機能を持つものもあるので、それなら高齢者や女性の方にもおすすめで、ふたの不衛生なイメージを払しょくできます。

タンクレストイレにも様々なタイプがあるので、自分の使いたい機能があるものを選んで、リフォームを進めていくのがいいでしょう。

タンクレストイレにリフォームするときの相場

タンクレストイレは従来のタンク付きトイレより高い価格に設定されているため、タンクレストイレは高級品という印象があって、なかなか手を出せないという人もいるでしょう。

タンク付きトイレと比べれば、本体価格は5~15万円程度高くなります。

洗浄便座機能などの機能がついているものなら、本体価格は20~40万円といった価格帯になります。

便器本体の交換は約半日ででき、その際の工事費用は本体価格+2~5万円の価格になります。

交換時にトイレの床や給排水管が傷んで、それらも交換するとなれば、別途3~6万円かかることになります。

タンクレストイレの本体価格は、15~20万円程度のものが人気が高く、高性能なものが多いので、交換が楽しくなります。

トイレ室内に手洗い器を設置する場合の相場

トイレをタンクレストイレにすると、室内のスペースが広くなり、狭さが改善されます。

トイレをリフォームするときに、手洗いのことを気にする人もいるのではないでしょうか。

タンクの上部にある手洗いを利用していた人なら、トイレ内に手洗いが欲しくなると思います。

タンクレストイレを設置したら、広くなったスペースを利用して、手洗いを設置することも考えられます。

手洗い器を設置するときは、トイレとは別に給排水管の工事も必要になります。

配管を露出させずに設置することも可能なので、それなら工期が短くなり、工事費用も抑えられます。

壁や床もリフォームすれば空間がさらによくなる

タンクレストイレにリフォームすれば、室内の空間が広がります。

そこで、広がった空間をさらによくするために、トイレの交換だけでなく、壁・天井・床の
リフォームもしてみるのもいいでしょう。

クッションフロアや壁紙の張り替えをすれば、これまでとは違ったトイレの感覚になります。

トイレを交換するときに、床を様々なカラーやデザインのクッションフロアやクロスに変更して、床を変えたら新しい便器を置くようにします。

タイルを使用すれば、デザインによっては高級感が得られるようになります。

費用はデザインや使用する素材によって、金額が変わってきます。

広くなったスペースを生かして、手すりや棚を設置することもできます。

手すりがあれば、介護している人にとっては利用してうれしくなるでしょう。